みんなで一緒につくろうよ つよい!あったかい!高齢社会 北海道介護実習・普及センター



介護保険による福祉用具の利用について

北海道内の福祉用具取扱事業者等のご紹介


福祉用具プランナー研修
修了者一覧

情報誌
「介護実習・普及センター
インフォメーション」

地域生活支援のための
福祉用具・住宅改修
ハンドブック





 1.目 的
 介護の現場等において適正な福祉用具の利用が促進されるよう、福祉用具の取扱いに関する知識や個々の福祉用具の利用方法などの専門知識を有する人材の育成を図るとともに、福祉用具供給に携わる様々な職種が、福祉用具の適正な取扱いについての共通認識を育て、その共通認識を基盤として福祉用具の適切な利用と供給の実現に資することを目的とします。
 2.実施主体
・主催  社会福祉法人北海道社会福祉協議会 北海道介護実習・普及センター
・共催

 公益財団法人テクノエイド協会(予定)

 3.研修内容
(1)カリキュラム
本研修カリキュラムは、「座学」48.0時間、「講義・実技・演習・修了試験」52.5時間の計100.5時間で構成されます。
科目は、「カリキュラム及び履修時間数」のとおり。
(2)履修の方法
カリキュラムのうち、「座学」科目については、"eラーニング方式"(パソコンを使い、インターネットを通じ配信されるコンテンツに従って自宅もしくは職場等で学習する)にて履修します。
「講義・実技・演習・修了試験」科目については、集合研修(3回・計7日間)にて履修します。
(3)履修期間及び会場
@ eラーニング研修(パソコンでのインターネット学習)
令和元年10月1日(火)〜12月2 日(月)
A 集合研修
  第1回 令和元年12月 7日(土)〜12月 8日(日)
第2回 令和 2年 1月18日(土)〜 1月19日(日)
第3回 令和 2年 2月22日(土)〜 2月24日(月)
場所:かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目1番地)
(4)課程の修了
 下記の条件を共に満たした受講者を研修修了者とし、公益財団法人テクノエイド協会理事長名による「福祉用具プランナー研修修了証書」を交付します。
@ eラーニング研修履修期間内に、eラーニング研修全科目を履修し、各科目の履修確認試験に合格すること。
A 集合研修において全科目を履修し、研修修了試験に合格すること。
 4.研修の対象
(1)受講の要件
「受講資格条件」、「実務経歴」及び「eラーニング受講条件@〜B」を満たしている、北海道内在住者
 【受講資格条件 (いずれか1つに該当すること)】
@ 指定福祉用具貸与事業所又は指定特定福祉用具販売事業所において、福祉用具専門相談員として、その業務に従事している者又は従事した経験のある者
A 福祉用具関連業務に従事している又は従事した経験のある次の者
保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、
介護福祉士、義肢装具士、介護支援専門員、建築士(一級・二級・木造)
B その他、特に研修受講の有効性があると公益財団法人テクノエイド協会が認める者
 【実務経歴】
研修修了試験実施日(令和2年2月24日(月))において、福祉用具専門相談員業務または福祉用具関連業務に2年以上従事した経験がある者
 【eラーニング受講条件】
@ 自宅もしくは職場等でインターネット接続可能なパソコン等の機材があること
別紙1「eラーニング受講のためのPC等の環境に係る要件」
A パソコン等の上記機材の一般的な操作ができること。
B 受講者個人用のメールアドレスを所持していること。
(2)募集定員
50名(申込者多数の場合は選考にて受講者を決定します)
 5.受講に係る費用
福祉用具プランナーテキスト代およびeラーニング受講料 合計20,000円(税込)
受講費用は、公益財団法人テクノエイド協会へお振込みいただくことになりますが、支払い方法については、受講決定(後述)の際にご案内致します
集合研修に係る旅費については各自負担
 6.申込手続き
(1)申込方法
 以下の3点の書類を、下記申込先まで郵送して下さい。
@ 受講申込書(1号様式)
※受講申込者本人が作成して下さい。
A 実務経歴証明書(2号様式)
※受講申込者の勤務先の代表者に作成頂いて下さい。
※前勤務先での勤務と併せて「実務経験2年以上」となる場合等は、必要に応じて前勤務先にも作成頂いて下さい。
B 資格取得証明書の写し
(2)申込先
〒060-0002
札幌市中央区北2条西7丁目1番地 かでる2・7 3階
北海道社会福祉協議会 北海道介護実習・普及センター
(3)申込受付期日
令和元年8月19日(月)まで 当日消印有効
(4)受講者の決定
申込者が定員を超過した場合は、選考の上受講の可否を決定します。
(選考方法・内容等に関するお問い合わせについてはお答えできかねますのでご了承下さい)
受講の可否については、全ての申込者に対し、本会から9月6日までに連絡します。
受講決定者には、公益財団法人テクノエイド協会から、テキスト購入等の費用負担に係る連絡をメールにてご案内いたしますので、振込みの手続きをして下さい。入金が確認できた後、テクノエイド協会より、「福祉用具プランナーテキスト、eラーニング学習マニュアル (受講者認識番号(ユーザーID)及び受講者パスワード添付)」が送付されます。
 7.補講・再試験の申込手続き
(1)対象者
 以下の者については、補講・再試験を受けることができます。
受講年度より当該年度を含め3年以内に集合研修未受講科目がある者。
過年度の集合研修を全て受講し、終了試験のみ未受講の者。
過年度の修了試験不合格者。
(2)申込方法
テクノエイド協会ホームページ トップページ右側の「福祉用具プランナー情報システム」のコーナー → 「様式ダウンロード」 → をクリックし、「福祉用具プランナー研修(補講・再試験)申込書」をダウンロードし、「北海道社会福祉協議会 北海道介護実習・普及センター」までお申込み下さい。
(3)再試験に係る費用
再試験費用 3,000円(税込み)
再試験費用は、公益財団法人テクノエイド協会へお振り込みいただくことになりますが、支払い方法については、テクノエイド協会より個別にご案内致します。
補講・再試験に係る旅費ついては各自負担。
 8.個人情報の取扱について
本研修申込者に関する個人情報は、受講承認に係る作業(受講可否の決定、通知送付等)のみに使用いたします。
本研修受講者に関する個人情報は、研修事業運営に係る作業(受講者名簿の作成、資料の送付、履修状況管理、修了証書の交付等)及び統計資料の作成等のみに使用いたします。
これらの個人情報は、社会福祉法人北海道社会福祉協議会及び公益財団法人テクノエイド協会が適切に管理し、上記以外の目的での使用、本人の了承無く第三者に提供することはありません。


 9.問い合わせ先
(1) 研修全般に関すること
北海道社会福祉協議会 北海道介護実習・普及センター (担当:河野)
〒060-0002
札幌市中央区北2条西7丁目1番地 かでる2・7 3階
TEL 011−241−3979

※迷惑メール対策のため、上記メールアドレスは画像で表示しております。お手数ですが手入力で送信してください。
(2) eラーニングに関すること
公益財団法人 テクノエイド協会 普及部
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
TEL 03− 3266−6884 FAX 03−3266−6885
     

※「福祉用具プランナー研修開催要綱」PDF

こちらから


                Copyright (C) Hokkaido Care Practice Spread Center
.