助成金・イベント等のお知らせ

全104件 / 5件ずつ表示 (全21ページ / 1ページ目を表示)

平成29年度JXTG児童養護施設・母子生活支援施設・里親家庭奨学助成のご案内 発信日 2018/01/10 (Wed) 17:24:22
○対象者
 1)児童養護施設
   高等学校卒業後、平成30年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の児童等。
   ・児童養護施設に入所している児童
   ・児童養護施設を退所した20歳未満の方(年齢は平成30年4月2日現在の満年齢)
 2)母子生活支援施設
   高等学校卒業後、平成30年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の児童等。
   ・母子生活支援施設に入所している児童
   ・母子生活支援施設を退所した20歳未満の方(年齢は平成30年4月2日現在の満年齢)
 3)里親家庭
   高等学校卒業後、平成30年度に大学・短期大学・専門学校等への進学を予定している下記の児童等。
   ・里親家庭に措置されている児童
   ・措置解除後、引き続き里親家庭で同居している20歳未満の方(年齢は平成30年4月2日現在の満年齢)
○助成金額
 対象となる児童等に、1人あたり10万円を助成します。
○申請方法
 下記ホームページをご参照ください。
 申請者は、児童養護施設及び母子生活支援施設の場合は施設長、里親家庭の場合は里親とします。(児童本人の申請は不可)
○申込締切
 平成30年2月16日(金)当日消印有効/郵送のみ受付
○申請書の提出・お問合せ先
 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部(水谷、上村)
 〒100-8980 東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞が関ビル
 TEL:03-3581-6503 / FAX:03-3581-6509
 ホームページ  http://www.zenyokyo.gr.jp/

平成30年度「鯉渕記念母子福祉助成事業」のご案内 発信日 2017/11/29 (Wed) 10:10:19
 母子生活支援施設等には、DV被害や児童虐待を受けた母と子、心身に障害のある母と子など、心理的・経済的に多様で困難な課題のある方が入所しています。こうした母子世帯が主体的に自立を図るためには、生活の営みの支援、生活の場の確保とともに、就労や進学等に対して支援を行っていくことが重要です。
 本事業は、こうした現状に鑑み、未来ある母子世帯の自立支援のための助成、および母子福祉の推進を図る母子生活支援施設等の実践を向上させることを目的とした研究のための助成を実施するものです。

○助成内容
 1)「母子生活支援施設利用者の就労に関わる資格取得支援助成」
    助成対象:母子生活支援施設を利用している母
 2)「母子生活支援施設等に入所する子等への就学資金助成」
    助成対象:母子生活支援施設に入所している子・母子生活支援施設退所後2年以内の子及び児童養護施設に入所する母子世帯の子

○申請方法
 助成内容ごとに所定の「申請書」に必要事項を記入のうえ、全国社会福祉協議会児童福祉部「鯉渕記念母子福祉助成事業」担当あてに提出してください。

○申込締切
 平成30 年2 月5 日(月)(当日消印有効)

○申請ならびにお問い合わせ先
 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部
 「鯉渕記念母子福祉助成事業」担当:上村、宇佐見
 〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
 TEL 03-3581-6503  FAX 03-3581-6509
 Eメールboshi@shakyo.or.jp
 ※郵送物には宛名に必ず「鯉渕記念母子福祉助成事業」と明記ください。

平成29年度「社会人一年生スタート応援助成」のご案内 発信日 2017/10/27 (Fri) 15:21:35
○目的
 現在、児童養護施設、母子生活支援施設で生活する高等学校3年生(定時制の場合4年生)で、平成30年3月に高等学校を卒業後、就職して社会に自立する予定の児童を対象に、就職時にかかわる各種資格取得の費用の一部を助成します。

○助成対象となる資格等と助成金額、助成対象者数
 ア.普通自動車運転免許
  1人150,000円を限度として助成
 イ.就職時に有用となる各種資格(例:簿記、パソコン操作技術、TOEI C、ホームヘルパー等で、公的機関が認定・認証した資格)の取得に要した費用
1人150,000円を限度として実際に要した金額を助成

○助成対象者(下記のア〜エの要件をすべて満たす児童が対象です)
 ア.助成申請時に児童養護施設、母子生活支援施設に入所している、又は、現在退所しているが、平成27年4月1日時点において、児童養護施設、母子生活支援施設に入所していた児童。
 イ.現在高等学校3年生(定時制の場合4年生)で、平成30年3月に高等学校を卒業し、卒業証書等の写しを本会に送付できること。
 ウ.平成30年3月に高等学校卒業後に児童養護施設、母子生活支援施設を退所し、原則として6か月以内に就職を予定していること。
 エ.平成29年4月〜平成29年3月までに取得した前記Aの資格で、その資格証・修了証等の写しを、施設をとおして本会に送付できること。

○申請締切
 平成29年12月26日(火)当日消印有効

○申し込みならびにお問い合わせ先
 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部
 「ジェイ・ストーム助成事業」 担当:星野、上村、水谷
 〒100 -8980 東京都千代田区霞が関3 -3-2 新霞が関ビル
 TEL 03-3581-6503 FAX 03-3581-6509
  http://www.zenyokyo.gr.jp/

キリン福祉財団 平成30年度公募助成のご案内 発信日 2017/10/03 (Tue) 08:58:42
 キリン福祉財団では、「キリン・地域のちから応援事業」および「キリン・福祉のちから開拓事業」の公募助成を行っています。
 詳細については、下記ホームページをご参照ください。

○申し込み・問い合わせ先
 公益財団法人キリン福祉財団
 〒164-0001 東京都中野区中野四丁目10番2号 中野セントラルパークサウス
 TEL 03-6837-7013  FAX 03-5343-1093
  http://www.kirinholdings.co.jp/foundation/

平成30年度日社済「社会福祉助成事業」のご案内 発信日 2017/10/03 (Tue) 08:58:03
 公益財団法人日本社会福祉弘済会は、少子高齢化が進展し、多様化する福祉需要のなかで社会福祉の向上を目指した“研修事業”や“研究事業”に助成することにより、豊かな福祉社会の実現に寄与することを目的としています。
 平成30年度も社会福祉関係者(社会福祉施設等社会福祉事業に従事する方々等)に係る研修・研究事業に対して、公募による助成事業の募集を行います。
 詳細については、下記ホームページをご参照ください。

○申込・問い合わせ先
  〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-24-3
  公益財団法人 日本社会福祉弘済会 助成事業係 TEL:03-3846-2172
  ホームページ  http://www.nisshasai.jp/