新着情報
  • 2020年11月12日:道央地区の介護ロボット展示場が11月13日(金)から30日(月)まで展示場所の移動、リニューアルのため休館いたします。
  • 2020年9月24日:「講習会・体験学習」の講習会は、大変好評をいただき本年度の申込みは終了いたしました。なお、子供向けの体験学習は、引き続き申込みをお受けいたします。
  • 北海道介護ロボット普及推進センター news No.3(2020.09.18)
  • プラットホーム事業の移動展示スケジュールが確定しました。下ホームページ中段の「移動展示スケジュール」欄よりご確認ください。
  • 無償貸与事業の貸与機器台数が少なくなってきましたので、プラットホーム事業「試用貸出し」もご活用ください。
  • 研修会等の依頼が多く寄せられているため、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。
  • 北海道介護ロボット普及推進センター news No.2(2020.08.13)
  • 講習会・研修会を希望する場合は、下段の「講習会・研修会」の申込書をダウンロードの上お申し込みください。
  • 無償貸与の介護ロボットの貸出状況(8月5日現在)を更新しました。無償貸与を希望する法人・施設は下記の「貸与ロボット紹介」をご確認ください。
  • 「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットホーム構築事業」における介護ロボットの使用貸出を始めました。(貸出リスト等は、下記「貸与・貸出し」欄で見ることができます。)
  • 「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットホーム構築事業」における相談窓口を開設しました。(相談電話番号:070-5608-6877)
  • 8月3日より、「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットホーム構築事業」を実施しました。
  • 無償貸与の「眠りスキャンeye」は貸与台数に達しました。(2020.06.30)
  • 北海道介護ロボット普及推進センター news No.1(2020.06.26)
  • ホームページを開設しました。(2020.06.08)
  • 相談・展示窓口として道内4地区センターを開設しました。(2020.06.08)
  • 北海道介護ロボット普及推進センターが設置されました。(2020.5.14)


  • 北海道介護ロボット普及推進センターについて
     北海道介護ロボット普及推進センターは、介護ロボット・ICT機器(以下「介護ロボット等」という)に関する相談窓口を設置するほか、介護ロボット等の展示・体験、研修会等を実施するとともに、介護ロボット等の無償貸与を行う。また、それらの事業を行い得た介護ロボット等の評価等を機器の製造元にフィードバックすることで、介護現場における介護ロボット等の普及・定着を推進することを目的としています。

    ≪受託実施事業とその目的≫
    ①介護ロボット普及推進事業(北海道)
    介護現場における介護ロボット・ICT機器の普及推進のため、北海道介護ロボット普及推進センターを設置し、介護ロボットを常設展示するほか、介護ロボット・ICT機器の活用による業務改善等に係る講習会等の開催、介護ロボットの無償貸与を行うとともに、使用者の評価内容を機器の製造元にフィードバックする。
    ②介護ロボットの開発・実証・普及のプラットホーム構築事業(厚生労働省)
    地域における開発から活用までの相談窓口(地域拠点)を設置するほか、介護ロボットの製品化にあたっての評価・効果検証を実施するリビングラボのネットワークを形成するとともに、実証フィールドを整備することにより、介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォームを構築し、介護ロボットの開発から普及までの一連の流れを加速化する。
    成年後見制度推進バックアップセンター